Blog

地中海食で心血管障害発症リスクが低くなる❓


European Heart Journal、2016年4月24日オンライン号より。

地中海食に則った食生活をしているヒトは心血管障害発症リスクが低い!という報告です。

健康長寿に繋がると注目を集めている地中海食。

冠動脈疾患を持つ患者さんのうち、この食事パターンに則った食事をしているヒト程心血管障害発症リスクが低かったという報告がありました。

一方、精製された穀類や嗜好品を多く含み「不健康」だとされている欧米型食生活については、心血管障害発症リスクとは特に有意な相関なしという結果でした。

不健康な食生活をしているヒトは、「これは食べないようにしよう」、「あれは控えよう」と食品を排除していくのではなく、地中海食に含まれるような食品を積極的に摂りながら健康的な食生活を目指す方が、ストレスも少なく、より効果が得られるかもしれません♪

【試験概要】

  • 研究デザイン:縦断研究

  • 対象:安定した冠動脈疾患患者15,482名。39ヶ国よりSTABILITY研究のために集められヒトで平均年齢67歳。

  • 試験期間:追跡期間の中央値は3.7年。

【試験結果】

地中海食スコア(全粒穀類・野菜・果物・豆類・魚・アルコールを摂取し肉類を控える食生活)、および欧米食スコア(精製穀類・嗜好品・甘い飲み物・揚げ物に富む食生活)と主要な心血管障害の発症リスクの相関を調べたところ…

  • 地中海食スコアが12点より高値の場合、1点高くなる毎に心血管障害発症リスクが5%低くなった(HR 0.95)。

  • 欧米食スコアは心血管障害発症リスクと有意な相関がなかった。

【論文リンク】

Dietary patterns and the risk of major adverse cardiovascular events in a global study of high-risk patients with stable coronary heart disease

#地中海食 #心血管

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon